40代男性のファッションで気を付けたいバッグ選び

 

Unsplash / Pixabay

40代の皆様にとって、バッグってどんなものですか?
ファッションアイテム!と豪語できる男性も少ないのではないでしょうか?
確かにこの年代になると、ファッション性より収納性。

収納性より安さ!(笑)そして耐久性。
ビジネスシーンで使うビジネスバッグであれば、それもいいでしょう。

色んなメーカー・ショップから、様々なビジネスバッグが発売されています。ですが我々40代は、オフスタイルも充実していなければ、本当の「男」とは言えません。

オフスタイルではバッグを持たない、という40代男性も必見。
「充実できるバッグ」を一緒に考えていきましょう。

なぜバッグを持ったらいいか全然わからない!って人はコチラ

そもそもバッグって、なんのために持ったらいいかわからない!アレコレ持つのはうっとおしいし、重いし嫌だ!

そんな考えの元、「バッグを持たない主義」に転向された方も多いはずです。ですが、そういった方こそ、バッグを持つべきなのです。

バッグを持たない主義の方、財布もスマホも持ち歩かないわけではないですよね?
そしたらそれらはポケットにいれて、ポケットはパンパン…。

大切なものがスグに取り出せなくなっちゃいます。そういうものを整理するために、バッグの存在とは重要なのです。ビジネスバッグを想像してください。

書類やファイル、筆記用具が一ヵ所に全部入ってたら使いにくいですよね?なのにオフスタイルでそれをやるということは、単なる「バッグを持たない習慣」でしかありません。

なのでまずは、バッグを身につけ、バッグを持ち歩く「習慣」を付けることです。

じゃあ具体的にどんなバッグを持てばいいの?

世の中にはたくさんのバッグがあります。奥様や彼女様を見てください。

腕が何本あっても足りないくらい、沢山のバッグを持たれているはずです。「そんな女達を実は、全然理解できない」と思うなかれ。実は、コーディネートにも重要な影響を与えるアイテムなんです。

40代のオフスタイルで持つなら、断然ショルダーバッグかボディバッグをオススメします。
素材は合成皮革で、色はお好きなものをチョイスしてください。これらのバッグは比較的小ぶりで圧迫感がなく、バッグの上げ下ろしもカンタンにできます。

その割に小分け収納のポケットが充実しているものは多いので、40代が普段使うスマホ、財布、タバコ、ライター、カギなんかを別々に収納OK。これだけでなんだかボトムスが軽くなった気がします。

それにプラスして、500mlのペットボトルなんかもスッポリ入ります。これで、今まで敬遠していた「飲み物買っても持ち歩くのがだるい」問題が解決!

一石三鳥なワケです。

現在主流になっているボディバッグ・トートバッグは2way(2種類の使い方ができるタイプ)タイプが多く、斜めがけやウエストバッグ風にも使うことができ、シーンや用途に合わせることができます。

バッグって何個あればいいの?

ビジネスバッグは大抵40代は、普段用で1個、出張用で1個の計2個で使いまわしているはずです。オフスタイルはそこまで広げなくていいので、1個で十分。

40代が目指すべき場所は「無難なスタイル」なのです。何個もバッグを持って、ああだこうだとコーデに悩む必要は全くなし。

それほど好きになったら、その時また考えればいいことです。

夏場は汗をかいたり、ゲリラ豪雨などの雨天を想定して、ある程度雨に強い素材をチョイスするのが無難。

それでいてメインルームがファスナーで開閉するタイプなら、中身も濡れずに安心です。こういったタイプのバッグで、2wayで使えるものを選べば、1年中使いまわせます。

値段はそんなに関係ありません。

季節によって荷物が変わる方は、2個程度、用途に合わせたサイズのバッグを持つのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket