40代のビジネスマンにオススメのメンズファッション

 

stevepb / Pixabay

40代の男性は男としても貫禄が出て来て、ビジネスキャリアも、スキルも上がり始める年齢になります。そうなると、誰からも一目置かれる存在になりますし、自然と回りからはできる男として期待されたり、頼られたりする傾向にあります。そんな時、中身がどれだけ成熟しているのかも勿論ですが、どんな身なりをしているのかも、その人の人となりを表す重要なポイントになってくるでしょう。

人は見た目が9割と言う本が大ヒットした事がありますが、40代ビジネスマンのファッションは印象を強く決定づけますので、ビジネスシーンでも、プライベートでも、ワンランク上のコーディネートをオススメします。例えばメンズファッションの肝と言われるのが、サイジングです。実際にビジネスシーンで着用するスーツに関しては、値段では無いのかもしれません。やはりそのサイジングがきちんと合っていると、熟練したセンスを感じさせます。

できる男のファッションの条件

いかに自分に合ったものを着用しているかが重要になってきますが、体型が変わる事を気にしてしまい、大きめのスーツを着用するのは避けましょう。少し大きいものを購入しておけば、気分的にも安心ですし、大は小を兼ねるので経済的と思われがちですが、中学生の制服ではありませんので、40代に入ったら必ずご自身の体ににぴったりと合ったものを選ぶ様にしてください。

特にジャケットは、必ず袖口から少しシャツが出る位の長さで合わせて、パンツの裾はスッキリと短めにしておきます。シャツも襟の形1つで全く雰囲気が変わりますのでこだわりたいポイントです。ネクタイを絞めた時に、結び目が綺麗に見える襟を選び、ネクタイの素材や太さにマッチしたシャツをチョイスしましょう。今はメンズファッションの専門店でトレンドのスーツスタイルにコーディネートされたものを販売されていますので、そういったものを購入してみるのもセンスを磨く第一歩としてオススメです。

プライベートのファッション

40代の男性をよりかっこ良く見せてくれるのが、これからの季節ですとシンプルなニットです。意外と若い世代には嫌煙されそうなタートルネックも、40代の男性であれば、サラッとかっこ良く着こなす事ができます。例えば、上質なカシミアやイタリアンメリノウール等のスッキリとした薄手のタートルニットに、きれい目なデニムで少しカジュアルダウンして、トレンチコートを合わせると、とても貫禄のある大人のカジュアルが完成します。

デニムを選ぶ場合には少しロールアップして、足元にはトラデイッショナルなウイングチップのレザーブーツを合わせても、遊び心が満載でおしゃれなコーディネートになると思います。タートルネックが苦手な方でしまら、シンプルなケーブル編みの丸首ニットや、ハイゲージのざっくりしたニットに細身のチノパン、レザージャケットなんて組み合わせも、トレンドを感じさせる大人のメンズコーディネートになります。これからの季節、素材感にこだわったシンプルなアイテムで、40代にしかできない色気のあるコーディネートを楽しんでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket