40代のメンズファッションに欠かせないジャケット

 

rose_mcavoy / Pixabay

40代となると、男性はダサい親父になるかダンディーな男性になるかの分かれ道に立ちます。ダンディーな男性は若い女性からモテるだけでなく、同年代の男性からも羨ましがられます。そうすれば職場でも同窓会でも憧れの目が飛び交います。では、どうやったらダンディーな男性になれるのか、ダンディー男性のマストアイテムを紹介します。

ジャケットは必ず持っているようにしましょう

40代男性に絶対に必要なのは、ジャケットです。大きすぎるジャケットは、なんだか親父のジャケットを借りてきた猫みたいな感じです。また、小さすぎると若いスリムな時期に買ったジャケットに見えてしまいます。どちらもダサくなってしまうため、ちょうど良いジャストサイズのジャケットを選びましょう。できれば試着して、店員さんにジャケット選びのアドバイスをもらうといいでしょう。

ジャケットがあると、フォーマルなレストランや舞台に行けます。記念日デートには必ず必要なアイテムなので、まだ持っていない人は早めに買いに行きましょう。

ボタンダウンのシャツは40代のカジュアルおしゃれに大事

ボタンダウンとは、ワイシャツのような形をしたシャツです。ワイシャツと違うのは、襟を止めるためのボタンがあるところです。

ワイシャツとうりふたつのように似ていますが、ワイシャツはフォーマルシャツでボタンダウンはカジュアルシャツです。なぜなら、ボタンダウンはネクタイをしめなくても、襟の形が崩れないように襟をボタンで止めるからです。たまにボタンダウンでネクタイをしているサラリーマンもいますが、間違いな着こなし方です。大人の男性ならば知っておきましょう。40代でボタンダウンとネクタイを組み合わせている人は、正直言うとダサいです。

ボタンダウンシャツは、プライベートのデートにぴったりです。ジャケットと合わせて着れば、誰がどう見てもしっかりとした大人のプライベートファッションです。しかもジャケットとボタンダウンは、着る人を選びません。誰もが着こなせる組み合わせなので、40代男性でダンディーを目指すならば、ボタンダウンのシャツは2~3枚は持っているといいです。ブルーやピンク、白など色違いで着回すと良いですね。

センターラインが入っているパンツ

上のジャケットやボタンダウンと相性が良いのが、センターラインがはいったパンツです。黒だとフォーマルな感じがするため、カーキやキャメル、濃いブラウンなどを選ぶと良いです。センターラインが入っているときちんとした感じが出るため、40代でダンディーさを出すためには欠かせないアイテムです。

まとめ

40代のダンディーファッションは他にもバリエーションがありますが、基本的なアイテムはジャケット、ボタンダウン、センターライン入りパンツの3点です。まずはこれだけは揃えてみましょう。この3点がなければ、ダンディーとは言えません。どれも着る人を選ばないアイテムなので、簡単に着こなす事ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket