40代男性をかっこよく見せるために必要なものとは?

 

Unsplash / Pixabay

40代の男性は、二つに別れます。

一つはビールっ腹が目立ち始め、オヤジ一直線に走る人です。なにもしなければこの道を走る事になり、若い女性や自分の子供から気持ち悪がられます。

もう一つの道は、40代でも若い男性と肩を並べて歩けるぐらいかっこいい男性です。大人の雰囲気を持っていて、女性からハート型の目でみられるタイプです。芸能人だと大沢たかおさん、西島秀俊さん、藤木直人さんなどです

。誰もが芸能人のようにかっこよくなれるわけではありませんが、少しでも近づくためにはどうやったらいいの?40代男性がおしゃれのために必要なものとは?という事を紹介します。

おしゃれをする前に必要なのは筋肉

40代男性がどんな服を着ても必要なのは筋肉です。筋肉がないと、どんな服を着てもおしゃれには見えません。若い女性は筋肉が好きなんです。ビールっ腹だとみっともないため、ジムに通うなりして筋肉をつけましょう。そうすれば、Tシャツにジーパンでも肉体が服をおしゃれにしてくれます。筋肉があれば、顔や服装に自信がなくてもかっこよく見えます。

40代男性はネクタイがあるとおしゃれ

筋肉をつけたら、次に必要なのはネクタイです。若い女性は、ネクタイをしめている男性が好きです。仕事でネクタイをつけている姿をかっこいいと思う女性もいますが、プライベートでもおしゃれにネクタイをしめれたら最高です。 

柄ものや色がついたおしゃれなシャツに、カジュアルなネクタイをしめたり、ジャケットをカジュアルにしたりです。40代ではありませんが、芸能人の遠藤憲一さんのネクタイ姿はお手本になります。バラエティー番組に出ている時の遠藤憲一さんは、衣装がカジュアルおしゃれです。上手くネクタイスタイルを決めて、おしゃれな40代になりましょう。

40代ならば車を持っているべし

ファッションではありませんが、40代男性に必要なのは車です。車は男性のアクセサリーです。デートする時に車がないと、女性は意気消沈します。大人の男性ならば、車ぐらいは運転できないとおしゃれとは言えません。車内はきれいに掃除しておいて、いつでも女性を乗せられるようにしたいですね。

おしゃれさはマナーにも現れる

 
大人になると、立ち振舞いがその人を表すステイタスにもなります。マナーを知らない大人は、おしゃれともかっこいいとも言えません。歩きタバコをしないとか、大声でしゃべらないとかのマナーは当たり前です。大人の男性に大事なのは、テーブルマナーやレディファーストです。ヨーロピアンな男性ならば必ず知っていますし、当たり前にやっています。日本人でも恥ずかしくないように、洋食や和食のテーブルマナーは知っておきましょう。

おしゃれはファッションだけではない

大人のおしゃれは、ファッションだけではありません。どんな服装をすればいいかは、ファッション雑誌を真似れば誰だってできます。しかしどんな男性でも大事なのは、服装ではなくて内面や服を着るボディーです。おしゃれな服ばかりに気をとられずに、内面を磨きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket