差をつける40代大人のメンズファッションの掟とは

 

fancycrave1 / Pixabay

メンズファッションは、今や女性顔負けのこだわりを持つと言われる程、多種多様化しています。特に40代位の中年男性のメンズファッションは注目されています。晩婚時代と言われる今、既婚者だけでなく40代の独身男性も女性の様にファッションを楽しむ時代がやってきて、ヘアスタイル、ネイル、ボディケア、ファッションと全てにおいてこだわりを持つ程に、美意識が高くなったとテレビや雑誌でも話題なのです。

そんな美意識の高い40代男性を生んだと言われるきっかけが、一昔前に40代~50代の男性を対象にした、メンズファッション誌の代表、LEONから火がついた「ちょい悪オヤジ」ブームです。LEONでは表紙を飾る、パンチェッタ・ジローラモさんが、イタリア男性ならではの個性溢れるコーディネートで、中年男性のカッコ良さを体現してくれています。このちょい悪オヤジブームにより、中年男性も、若い男性にぐんと差をつける様な独自のファッションセンスを身につけ、大人にしかできないコーディネートを本格的に楽しむ時代に入ったのです。

そして、今はそんなちょい悪オヤジブームも一段落して、新たな40代のメンズファッションブームがやって来ています。それに代表されるのが、華やかなブランド志向に変わりやってきた、シンプルで小技の効いたアイテムを中心とした、セレショ志向です。セレショとは国内外のセレクトショップの略ですが、大手通販サイトでも、セレショのアイテムを取り扱うと、人気の商品は予約の段階でも売り切れてしまう程、大人気となっています。

特にカジュアルファッションで、40代の男性に人気のセレショと言えば、トゥモローランドやアメリカンラグシー、ロンハーマン等ですが、40代男性はブランドブームも経験しているので、ポール・スミス、ポロ・ラルフローレン(ラグビー)、バーバリー等の定番ブランドアイテムの人気も、まだまだ高いと言われています。おじさんと言われないカッコいい大人の男を目指す為の掟として、今は、シンプルで上質なアイテムに少しトレンドを加えた、大人で渋めのコーディネートが主流と言えるでしょう。

現在は、セレショブームと共に、国内外のファストファッションも大人気ですが、全てを手軽なファストファッションに頼ってしまうと、どこにでもいそう、ファッションを楽しんでいない、安っぽい、所帯染みていると感じてしまう女性の意見も聞かれますので、楽だからと言って、全身ファストファッションで固めてしまうのは危険かもしれません。

差をつける大人のメンズファッションを完成させたい場合、全てを高級ブランドやセレショのトレンドアイテムでコーディネートする必要はありませんが、ファストファッションも取り入れつつ、ベルト、靴、アクセサリー、マフラー等の小物使いにはポイントを置きましょう。随所に大人のこだわりを感じさせる様なアイテムを何ヵ所か取り入れて、ひと味違うコーディネートにされると、さりげないこだわりを感じさせてくれるのでオススメです。

今はコーディネートアプリ等でも、40代のメンズファッションのコーディネートが見られますので、ファッションに迷っている40代の男性ならとても勉強になると思います。是非、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket